産業保健師になるには?

看護師資格と保健師資格を取得しておけば産業保健師になることができます。
しかし、求人などを見てみると産業保健師になることは簡単ではないのです。

資格という意味でいえば、第一種衛生管理者の免許を持っていた方が良いといえます。
第一種衛生管理者免許を持っている人というのは事業所において衛生管理者になることができますし、就職においてもセールスポイントとして企業側にアピールをすることができるのです。

保健師なのであれば、申請するだけで第一種衛生管理者免許を取得することができますので、保健師なのにまだ第一種衛生管理者免許を取得していない方は一度取得について考えてみてはどうでしょうか。

産業保健師になりたい、という方は是非参考にしてみてください。

産業保健師専門の転職情報:産業保健師の求人募集・転職サイト 〜転職に失敗しないお勧めの方法〜

産業保健師の資格取得は難しい?

資格取得というのは大変なのですが、しっかりとしたコースで学んでいるのであれば問題はありません。
問題となるものは産業保健師としての就職先はどの程度なのか、ということになります。

例えば、一般の求人サイトにおいては産業保健師の募集を探したとしても滅多に見つかりません。
需要が増加している産業保健師なのですが、企業の募集に対しての考え方から、求人サイトよりも非公開で看護師専門でのサイトに掲載されていることが非常に多いのです。

さらに、産業保健師の求人自体も多いわけではありませんし、募集時期というのは一定ではないので、公開募集されているサイトで探すというのは埒が明きませんので専門求人サイトを利用するようにしましょう。

産業保健師の資格について:産業保健師の資格 | 産業保健師の求人募集・転職サイト

保健師が注目されている理由

保健師というのは地域住民における健康予防に携わるイメージが強いのかもしれませんが、会社に籍を置いている状態で社員の健康管理に関わることができる産業保健師というのは非常に注目されています。

地域に関わる保健師はもちろん産業保健師も人間にとって必要不可欠な健康管理をサポートするという意味においてはやりがいのある仕事であるということをよく覚えておくようにしましょう。

産業保健師なら社員の健康管理や指導にも関わるのですが、企業内健康管理と一纏めにしても非常に幅広いものなんですよ。
各種健康診断の実施や健康上の相談といった、社員の幅広い悩みや相談を受ける、という業務を行っているのです。

産業保健師はある意味企業における保健の先生のようなものなのです。